夢や思いを形に!自分を生かす場所創り  NPO法人人材パワーアップセンター

理念・概要組織プロフィールわくわく楽しむ会会員募集要望・質問
 NPO法人人材パワーアップセンターの設立後の経緯
2001年
8月26日
設立、発起人18名
12月13日
内閣府総理大臣認証を受ける 府国生第1438
2002年
9月29日
東葛地域を対象に「市民生活活性化研究会」を発足
「地域女性起業支援事業」をスタートさせる。
この事業は千葉県の補助事業の対象となり活動補助金15万円を受ける
2003年
4月25日
第1回「中高年者大集合」を開催
「アクティブシニア会」を立ち上げ「シニア支援事業」を始める
9月26日
松戸市男女共同参画推進グループ登録団体となる
12月26日
「福祉サービス支援事業部」をスタートし、
東京都福祉サービス第三者評価機関認証を受ける  機構03-072
2004年
4月26日
松戸市社会福祉協議会会員となる
2005年
11月20日
フォーラム「男の居場所探し」を実施、その後「わくわく楽しむ会」として現在に至る。08年5月22日で第30回目を迎えた。 ここから「思いや夢の実現」として「「熟年男子ストレッチ体操」「絵手紙教室」「お魚屋さんの料理教室」が生まれた。
2006年
6月5日
千葉県介護サービス情報公表調査機関の指定を受ける
7月19日
千葉県福祉サービス第三者評価機関認証を受ける
2007年
2月28日
年東京都福祉サービス第三者評価機関認証辞退
5月13日
「福祉サービス支援事業部」解散、「地域の福祉力底上げし隊」を格上げする。
 
 実現したい理念

「地域の人達の思いや夢の実現を支援・実践し、地域の課題解決による生き甲斐の発見と地域の活性化に貢献する」これをベースに各隊・チームが活動理念をもって活動する。

 現在の事業の構造

「市民生活活性化研究会」による「地域女性起業支援事業」
地域で何か始めたい女性のスタートを支援します。そのために、地域女性起業フォーラム、地域女性起業スクール、「ゆめねっと」(女性起業家と起業したい女性の交流会)の運営、随時無料相談を実施します(中小企業診断士、商工会議所経営相談員、スクールOB等)

「地域の福祉力底上げし隊」
千葉県内での福祉サービスの第三者評価及び介護サービス情報公表調査事業に取り組み、利用者への公正な情報提供と事業所の福祉サービスと経営の質の向上への取り組みを促し、地域福祉力向上への貢献を目指します

「アクティブシニア会」による「地域シニア支援事業」
地域でのシニアの生き方を一緒に考え、開発し、実現していきます。
「いこいの場つくり隊」は仲間づくりと自立に取り組み「熟年男子のいきいき健康料理を楽しむ会」「ウクレレを楽しむ会」「詩吟を楽しむ会」など実施中。高齢者の住まいの問題を解決する「住まいのミニミニお助け隊」、コミュニティビジネスを目指す実践するシンクタンク=uわくわく楽しむ会」等が活動、何かしたいが何をしていいか決まっていない方のための「卵の会」からは「にこにこクラブ」が生まれた。

「相談事業」
随時生き甲斐捜し、NPO活動、起業、経営その他相談に対応

 組織図
 会員の状況

会員男女比率
  男女比は約半々
地域分布
  松戸市在住が約70%
活動時間帯
  平日の昼間に活動できる会員が多い

 活動スケジュール

クリックでPDFを表示します
 


人材パワーアップセンター(JPUC) 稔台オフィスまでのアクセス

JPUC稔台オフィス「わくわくいこいの場」
松戸市稔台1-25-6 ハーベストビル101号室(5階建てマンション1階)
新京成電車稔台下車徒歩約5分です
駐車場はありません、駐輪所はありますがバイクは置けません 




インフォメーション 人材パワーアップセンター
※お問合せなどはこちらのフォームをご利用下さい。--->フォーム
NPO法人 人材パワーアップセンター
理事長 岩橋秀高
〒271-0097  松戸市栗山542-2
TEL  047-364-8820/FAX  047-364-8820
E-Mail:info@npo-jpuc.jp
Copyright c 2008 JPUC All Rights Reserved.