夢や思いを形に!自分を生かす場所創り NPO法人人材パワーアップセンター JPUC
 

理念・概要組織プロフィールわくわく楽しむ会会員募集要望・質問
 

JPUC会報バックナンバー--->>>

■JPUC会報NO.43
(2008.01.16)


【わくわく楽しむ会】
森永邦雄さん

 当初は、ほとんど自分を探す事が中心の、手探り状態で、いわば懇親の会でしたが、徐々に「私はこれをしたい」「他の人びとの思いを実践・実現したい」「何をして良いか分からない」「趣味や学びなどと通じ自分の居場所と仲間を探している」「地域デビューをしたい」といった人達の参加が増え、その結果「熟年男性健康ストレッチの集い」「絵手紙教室」「中高年基礎からの英語サークル」「お魚やさんの料理教室」さらに「あるこう会」や定年後をどう生きるか探している方々への「フォーラム」等もこの「わくわく楽しむ会」から生まれ地域の人々の参加も得て日常活動として運営されています。
  仲間と共に「楽しみ」「創り」「喜ばれる」活動を通じ、自分探しや、地域への参画を実践しつつ「仲間とのたまり場」「地域の井戸端」的運営を守っていきたいと思います。
  今年は、今まで生まれてきた「地域参画の支援活動」に加え、「福祉や環境、安全や安心、地域の課題」など「地域貢献的活動」に正面から取り組みたいと思います。

【にこにこクラブ】
間宮信子さん

 毎週第1・3土曜日13時から五香のマンションの一室でお茶をいただきながらおしゃべりの楽しい時間が持たれています。きっと笑いすぎてお腹が痛くなること請負です。布草履教室、癒しの足裏マッサージもありますよ、ぜひおいでください


【住まいのミニミニお助け隊】
中山望さん

2008年の抱負は、隊の活動を通じて、楽しくアクティブに生きる。サービス提供件数を増やす。隊員数を増やす。病気、怪我、事故に気をつける。友人と旧交を温める。緑に親しむ。1日に1万歩以上歩く。1日に3回以上感動する。

石原邦哉さん

今年から80才の仲間入りをします。
行動力豊かな仲間に囲まれて今年は是非皆さんご存じ「楽段」を普及させたい。
もうひとつ「雨水の有効利用」をJPUCオリジナル設備で普及させたいと思います。
老いの一徹、ご協力をお願いいたします。

永井章夫さん

手すりの取り付け等の大工仕事の他庭木の剪定、草取りも行っています。私はいつもベストを尽くしているつもりでも「この程度でプロフェッショナルか」と思われていないかと何時も自問しています。今年も多くの人達と交流していきたい。

1月26日(土) AM9:30 北柏駅改札集合
企画内容:鴨が泳ぎ、葦が茂る湖岸の遊歩道を約2時間ぶらり。 手賀大橋の「道の駅」でお買い物。天然温泉「満点の湯」に浸る (浸るのは希望者のみです)


【地域の福祉力底上げし隊】
船木佳枝さん

八柱に事務所を構え、早いもので二周年を過ぎようとしています。メンバーは、一挙に増員、現在は十五名になります。昨年より、更にパワーアップしほぼ全員が、パソコンを使いこなしています。実は、私はパソコンな
ど・・少し敬遠していましたが、何故か私専用PCを購入し自主勉強。今ではすっかり、PCとお友達に・・?なれそうかな・・?
これもメンバーの皆様に感謝です。現在も、更にメンバー全員レベルアップ中です。
今年は第三者評価にも取り組みます。

【中高年基礎からの英語サークル】
森永邦雄さん

むかし学んだ英語に再度接し、思い出す中で英語と仲間つくりを楽しみ、各自の「知的挑戦」や「能力開発」意欲を支援する会です。「競争はしない」「楽しくなければ、役立つものでなければ」を運営の基本に中学英語の基礎レベルから発音や文法、単・熟語等を学び、徐々に日常英会話に基本をマスターしていきます。毎週、約12名が集っていますが、中にはグアムに住んでいるお孫さんと英語でメールを始めた人もいますよ。

【お魚屋さんの料理教室】
小西惟愛さん

お魚の調理を覚えたいと思っている人は、結構いらっしゃるようです。
第二回の募集が1月の1日の広報に載りましたが、4日には定員に達しました。
お魚と野菜をタップリと食べて、健康な生活が送れるように、身体が喜ぶ料理を紹介したいと思っております。
もちろん、手作りであり安心なものしか使わない安全な食にも努めていきたいと考えております。

岩橋秀高理事長

 2008年も変るぞ!と思う。人の喜んでくれる顔にもっともっと接したい!今の活動をもっともっと深めたい!に挑戦します

【ウクレレ教室】
金子雄二さん

5教室50名強のメンバーが共に音楽に親しみ仲間との親睦を深めている。その中の先輩グループは、積極的に対外演奏活動に動き出している。福祉施設での慰問演奏が主であるが、地域の趣味の発表会での出演やNPO見本市での演奏も計画中である。こうした活動は同じような世代の方々に元気と勇気を与えている。ウクレレ教室が時を重ね、練習を重ねる過程で、自分たちだけが楽しむことから他人を楽しませるところまで意識の向上が図れている。ウクレレ教室の皆さん、今年は更にこうした活動を通じて、もっと前向きな練習を楽しんでください。譲原先生、今年もよろしくお願いします。JPUCも応援します

【熟年男性のいきいき健康料理教室】
内藤岳彦さん

今年も1月10日より23期の6回目がスタートしました。お陰様で、熟年男性のいきいき健康料理教室も4年半を向かえ、その間受講生は延べ人数450名(1期8回20名)を越え、それだけレシピも多数となり、その内整理して料理本でも作って見ようかと思うこの頃です。
昨年暮れの教室では、受講生の一人が先生となり年越しの蕎麦打ちをしました。
今年も、皆さんと話し合いながら工夫した料理に取り組んでいく所存です。
受講生は84歳〜60歳迄と幅がありますが週1度の顔会わせが楽しい事もあり、料理以外の触れ合いを求め、バスツアーやエプロン会と名付けてゴルフの親睦も始まりました。

1月24日(木)14時〜17時
場所: JPUC八柱オフィス
議題:@各チーム報告
Aコミュニティービジネスの事例研究他
「わくわく」を楽しみにおいでください


会報バックナンバーはコチラをご覧下さい--->>> 
 

インフォメーション 人材パワーアップセンター
※お問合せなどはこちらのフォームをご利用下さい。--->フォーム
NPO法人 人材パワーアップセンター
〒271-0097  松戸市栗山542-2
TEL  047-364-8820/FAX  047-364-8820
E-Mail:info@npo-jpuc.jp
Copyright c 2006 JPUC All Rights Reserved.