夢や思いを形に!自分を生かす場所創り NPO法人人材パワーアップセンター JPUC
 

理念・概要組織プロフィールわくわく楽しむ会会員募集要望・質問
 

JPUC会報バックナンバー--->>>

■JPUC会報NO.51
(2008.09.12)

 


同期の会参加者の声続き

【求めていたものが充実した形であった】
会社を辞めて1年強、日々の生活の中で、今一つ満たされない時、フォーラムに出会った。求めていたものが目の前で、充実した形であった。即人材パワーアップセンターへの入会を決めた。出会った仲間と楽しく活動させて頂けると今後に期待しています。(S,O氏)

【人材パワーアップセンターに共鳴】
フォーラムが総論として、同期の会が各論で、二つの機会を通じ、多くの点が理解でき、また大いに共鳴し、即JPUCへの入会を決めた。現業との関係で月一回位の参加しかできないが継続したい。(K,O氏)

【飛びつく思いでフォーラムに参加】
「男の居場所と生き甲斐探し」は関心の高いテーマであり、飛びつく思いで参加し、同期の会にも参加した。JPUCの方々の熱心さもさることながら実活動の多さにもびっくりした。出会った皆様と私も仲間として、今後の活動の方向性を見出して行きたいと思っています。(I,I氏)

【白井市から参加しました】
以前松戸に住んでいたので懐かしく参加しました。現業の関係と、白井とはちょっと距離もあり、今しばらく時間を頂き、機会があれば参加させてもらいます。その節は是非仲間に入れて下さい。(T,N氏)


フィナーレはアロハオエを全員で合唱!

「ウクレレを楽しむ会」からの投稿
8月31日夏休み最後の晴れた日曜日に第1回ウクレレ交流演奏会が馬橋のシニアー交流センターで開催された。各教室の有志が発起人になって、何回となく打ち合わせを重ねてヤット実施にこぎ着けた。会場に集まったのはJPUCと譲原先生のウクレレ教室の受講生とそのご家族の約70名で、曲目の選択や衣装にも工夫を重ねられた内容を楽しんだ。譲原先生の講評は「普段から明るく楽しく練習に励んでもらいたい」であった。フィナーレは「アロハオエ」を全員で合唱して3時間半の交流演奏会が幕となった。

雑草取りでも喜ばれる「住まいのミニミニお助け隊」
中山 望 さん
サービス提供内容紹介(8月実績)
 1)部屋の掃除:高齢者宅
 2)庭の雑草取り(2件):高齢者宅
 3)庭木の毛虫取り:高齢者宅
 4)雨戸の点検・掃除:障がい者宅
 5)い草上敷の敷き替え:障がい者宅
 6)階段手すりの設置:高齢者宅
 7)ガラス戸の修理:障がい者宅

日:9月20日(土)
集合:9時半JR武蔵野線東松戸改札口
コース:東松戸⇒新堀込遺跡標柱⇒高塚八幡宮⇒高塚団地⇒エデンの園⇒谷津の名残⇒梨もぎ⇒東松戸(13時半頃解散)
弁当持参、定員15名
問い・申込 松山369-5737

日時:9月25日(木)14時〜17時定例
場所: JPUC稔台オフィス
議題:各チーム報告、「わくわくいこいの場」お披露目会の内容の詰め他


■9/15、13時〜第4次千葉県障害者計画策定のための東葛地域タウンミーティング、さわやかちば県民プラザ
問:04-7139-5613
■9/23、13時〜聖徳大学生涯学習社会貢献センター「高福祉国家スウェーデンと日本・松戸の現状」問:362-5929

会報バックナンバーはコチラをご覧下さい--->>> 

インフォメーション 人材パワーアップセンター
※お問合せなどはこちらのフォームをご利用下さい。--->フォーム
NPO法人 人材パワーアップセンター
理事長 岩橋秀高
〒271-0097  松戸市栗山542-2
TEL  047-364-8820/FAX  047-364-8820
E-Mail:info@npo-jpuc.jp
Copyright c 2006 JPUC All Rights Reserved.