夢や思いを形に!自分を生かす場所創り  NPO法人人材パワーアップセンター
 

理念・概要組織プロフィールわくわく楽しむ会会員募集要望・質問
 

■JPUC会報NO.96

(2012.06.14)
床にスポンジマットを敷きました。机は手作りです。チームの打ち合わせの様子です。
おじいちゃんのオリエンテーションも行いました。えっ最近のこどもって?!
 
■子どもは、社会の希望であり未来をつくる力です。
■子供たちがおじいちゃん達と触れ合い学び・遊ぶことで学校や塾では学べない何かを得てほしいと願っています。
■地域の伝統的な行事や歴史・史跡めぐり等も体験することで社会人としての意識を醸成します。
■将来的には子どもから高齢者までが集う「交流サロン(居場所)」を目指し、地域の「交流の場」とし「子育て力」「人間づくり」を実践します。とりあえずお母さん方にはお茶とおしゃべりを楽しんでいただきます。
「宿題寺子屋」への「通行手形」もできたよ!子どもたちはやくおいで!
■7月10日(火)9:30〜12:30
■松戸市民会館 301号室
■内容は23年度の交流会に参加され、その後「ミントの会」でおしゃべりを楽しんでいる方々(80歳前後)の体験談を聞きます。その後グループに分かれて「自分たちにも何かできる楽しい生き方はないか」等おしゃべりをします。最後にどんなこと話したのか、お互いのグループの発表を聞きます。
■参加者は高齢の方々です会員の支援をお願いします。
■6月28日(木)14:00〜1700、
JPUC稔台オフィス「わくわくいこいの場」で開催
■「サロン」への取り組み計画、24年度のイベントへの取り組み等
 
7月3日(火)13:30〜15:30、市民会館、201号室、7月10日のフォーラムについて打合せを行います。

■ 10月27日土曜日(雨天時日曜日)予定
■ 「松戸駅周辺活性化推進協議会(旧にぎやかし協議会)」の近藤専務理事に西口デッキの使用について6月6日申し入れを行い大いなる賛同を得ました。会員の資金調達と駅前の活性化に寄与することを目的としたフリマです。JPUCとしても積極的に取り組んでいきたいと思います。(岩橋秀高)

【今年は、JPUCの新たなチャレンジの年】
運営委員 金子雄二さん

■全体的な課題はズバリ年次総会で確認されたように「財務体質強化への取り組み」を将来に向かって如何に解決するかに掛かっている。それは昨年度まで収入の3割強を占めていた情報公表調査事業が無くなったことへの対応である。新たな事業への取り組みと同時に、人材育成と会員相互の連携を深める活動が求められている。今こそ基本理念に則り、会員一人ひとりの新たなチャレンジが必要である。

■ウクレレを楽しむ会の課題は仲間を大切に新たな進化を求め続けることである。
ウクレレを楽しむ会は、発足以来8年が経過した。メンバーの半数以上は、4年近く在籍し、ウクレレを生涯の趣味として楽しんでいる。そこからボランティア演奏を定期的に実施しているグループが多くなった。自分が楽しむ趣味から人を楽しませる趣味に進化していると言える。こうした活動が元気で楽しく過ごすエネルギーとなっている。

■発声を楽しむ会の課題は練習成果が楽しみなことだ。今年発足した新しい会は、全員意欲的で谷川先生がビックリするくらいの進歩を遂げている。毎回の発声練習では、力一杯腹から声を出しストレスを発散しながら大きな声で唄っている。最近では、斉唱だけなく男女別や高音・低音のパートに分けたグループ合唱に進化している。唄う楽しみを全員で体感しながらの練習である

■リコーダーを楽しむ会の課題はグループ演奏を楽しめるようになることである。5月スタートしたばかりで殆どの人がリコーダーを初めて手にする方々である。譜面通りの音を出すことは難しい。地味だが個人的な基礎練習を楽しむ方法を模索し、グループ演奏を楽しめるようになりたい。

【24年度を迎えて】
運営委員 勝沼清さん
現在のJPUCは昨年までの十年間、様々な活動に積極的に活躍されている多くの会員の方々、関係者方々の努力の積み重ねの結果と思います。
24年度から第二ステージの十年に向かって、社会の変化に伴う困りごとなどを敏感に感じ取り、地域の方々と一体となった活動に反映させ、共に喜び、共に悲しみ、共に助け合う気持ちを持って進んで行きたいと思います。
【健康寿命を延ばそう】
理事 中山 望さん

6月1日に厚生労働省から「健康寿命」が初めて公表されました。
「一生のうちで健康面の支障がなく日常生活を送れる期間」のことで、2010年の健康寿命の平均は男性が70.42歳、女性が73.62歳でした。
小生、この平均を越えていますが、24年度も気持ちを若く持ち、JPUCの活動理念である地域貢献に精を出すことで健康寿命を
延ばしていきたいと思っております。

【ウッドデッキの作製でも喜ばれる
〜住まいのミニミニお助け隊】
中山 望さん
サービス提供内容紹介(5月実績:19件)


@ 庭木の手入れなどの庭仕事(9件)
A 耐震固定などの家具、建具関係(3件)
B ウッドデッキの作製等大工仕事(2件)
C 換気扇の掃除(1件)
D 粗大ゴミの運搬(1件)
E カーテンの取り付け(1件)
F 義肢の処分の介添え(1件)
G 壁紙の補修、網戸の入れ替え(1件)
問:中山362-1358


インフォメーション 人材パワーアップセンター
※お問合せなどはこちらのフォームをご利用下さい。--->フォーム
NPO法人 人材パワーアップセンター
理事長 岩橋秀高
〒271-0097  松戸市栗山542-2
TEL  047-364-8820/FAX  047-364-8820
E-Mail:info@npo-jpuc.jp
Copyright c 2006 JPUC All Rights Reserved.